太陽電機株式会社 太陽電機株式会社
事業内容 取扱メーカー イベント情報 企業情報 採用案内 お問い合わせ

■モニタッチ Vシリーズ 基本機能  TOPに戻る
アナログタッチパネル方式
マトリックス抵抗膜方式
ブロック単位でしか
スイッチ領域の検出が出来ない。
ボタンを
移動すると
定められたグリッドに沿ってしか配置できない
アナログ抵抗膜方式
ドット単位で検出できるため
すべてスイッチとして認識される
ボタンを
移動すると
スイッチ認識エリアもそのまま移動することができる

2WAY通信
1台のモニタッチで異なるメーカー・異なる機種の操作・表示が可能。
A社PLC   B社PLC
D100 50
D101 80
D102 65
D103 45
D104 30
モニタッチを経由して、PLC間のデータ交換が
プログラムレスで可能。
D100 50
D101 80
D102 65
D103 45
D104 30

コードリーダーインターフェース
バーコード、2次元コード問わず、4,000文字までの読み込みが可能。大容量の2次元コードにも余裕で対応出来ます。

温調ネットワーク機構
PLCの温調機用の通信ユニットが不要なので、スロットを温存でき、コストの削減が図れます。
各社温度調節器以外にレーザーマーカー、ロボット、電子天秤、インバーター、サーボアップの通信にも対応しています。
従来は、
PLC側で温調器用の通信プログラムが必要でした。
 
 
  モニタッチの場合、
PLC同様、温調器をプログラムレスで最大31台まで接続可能。※(温調器31台は同じメーカーに統一されている必要があります。)

生産管理簡易システム
特徴
○既存のイーサーネットを使用
○バーコードリーダの接続が可能
○2次元リーダの接続が可能
○リモート用タッチパネルの接続可能
○現在の運用を継承(作業者の負担軽減)
○低コスト(最低費用:タッチパネル×n+TELLUS&V−Server)
○接続台数の拡張性(ポーリング速度により決定)
○1台の表示器本体に2種類のPLCが接続可能
(構成例) PLC+電力モニター(MAX31台) PLC+インバーター(MAX31台) PLC+PLC(異機種PLC混在可能)

この商品に関するお問い合わせ

■モニタッチ V8 Release  TOPに戻る
新機能 8Way通信
8Way通信とは
8Way通信は、Ethernetによる接続(8プロトコル)とシリアル通信による接続(3プロトコル)を 組み合わせて、最大8機種の異機種・他メーカーのPLC及びその他周辺機器との接続を、 1台のV8で行います。
●8機種の機器と同時通信、各機器間のデータ受け渡しが可能。
●複数のPLC及び周辺機器を同時に監視・操作。
●ゲートウェイ機能により、1台のV8でLAN上の異なる機器間の接続が可能。

この商品に関するお問い合わせ

Copyright(C) 2006 TAIYO Corporation. All rights reserved.   環境方針について  個人情報の取扱いについて